life is beautiful !

ジャニーズが好き、A.B.C-Zが好き 戸塚祥太が大好き

愛を語る男戸塚祥太の愛って最高に狂ってる

広島に原爆を落とす日

結局のところ2回しか見れないで終わるのですけど
濃厚な2回でした

戸塚祥太の美が
恐ろしいくらいにぶつけられる舞台

熱海以来の胸がしめつけられる感じ

しかしですが
なんか違和感感じていたのですよ

たった二回しか見ていませんが
一回目と二回目の私の印象の違い

なんだろう
なんだろう


一日たってわかりました

戸塚祥太
とてつもなく愛らしかったのです

可愛かった
お茶目だった
苦しくなるほど生きて欲しかった

愛のために原爆の投下ボタンを押せるほど非常な男らしいけど

そんなことが出来る人なんているはずないんだよ

ディープ山崎だって
押さなきゃ戦争終わんないから押すんでしょ
少佐が飛び立てるように
山崎部隊みんな飛び立つんでしょ

大好きな人のためなら自分は犠牲に出来るんでしょ



その事に対する説得力がましてた気がするんです


来る日も来る日も納豆を作り
鼻持ちならない話を部下に毎日し

でも愛されていた少佐

最初見たときはね

あんまりそこに説得力を感じなかったんです
ただただ変な人に見えて(ごめんなさい)

でもなんか18日に何かが外れたんですよね
皆さん口をそろえてよかったって言っていた18日のソワレ

錦織さんからどんな言葉を貰ったんでしょう?
「とっつー好きなようにやっていいよ
みんな好きにやっていいよ」
とか言われたのかな
それとも自然に少佐を守りたいって言う舞台の結束が生まれたのかな


物語終盤の
夏枝が島にやってくるところ
最初見たときは
「髪の毛切った?」の突然感にへっ?ってなりつつ
キュンとしたんだけど
一昨日見たときは
決して結ばれることない二人の
一生プラトニックな二人の
ままごとみたいな会話に
甘酸っぱくそして胸が痛かった

生きたかった 生きたかった 生きたかった
死にたくない 死にたくない 死にたくない
生きてデモクラシーの花咲くところを見届けたかった

もうその頃から山崎が大好きな日本を
大好きな故郷を
大好きな広島を
愛している人々を
その手で殺してから
全てなくなるのを見届けてから
死に行く運命の山崎の人生が
なんて切ないんだろうと
なんて残酷なんだろうと

美しい広島の風景を描写する台詞
夫婦ごっこ

全てが愛おしくて愛おしくて

最後の長台詞の時は
あの人が非情の男だと言うことすっかり忘れてた


そして絶対に泣かないって思ってたけど
ついに泣いてしまった

だって戸塚祥太泣いてるんだもん
舞台始まった時から泣いてるんだもん

脚本的には非情でなければいけないのかもだけど

全身全霊で泣いているのがわかったよ

だから絶対に好きじゃない山崎っていうキャラクターに感情移入出来たんだなって思うんです

それにね
絶対に錦織さん

戸塚くんに寄せてくれてたから
戸塚祥太の愛らしさ人間味で
あの物語を愛するものに変えたと思うんだ

いろいろ評価は分かれるみたいだけど


座長が変わる事に違う感動や見方があるの舞台では正解だと思うから
錦織×戸塚版
凄く愛があったよ

流石 愛を語る男戸塚祥太




次回なんの作品を
誰の人生を演じてくれるんだろう

私個人としては
キラキラミュージカルを何本かやって欲しいんです
それがウエストサイドだったら
本当に嬉しいんだけど

もちろんトニー役を戸塚くんでね