life is beautiful !

勝手な想像と思い重い

究極のワンカメ撮影

先日とても評判になっていた、カメラを止めるなのテレビ放送を見ました。

公開中も凄いらしいという話は聞いていたので興味はあったのですが、ゾンビやスプラッタが好きではないので、見る機会を逃していたので、全くの初見でした。

 

いやしかし

 

 

そんなに評判になるほどなのか……

 

 

面白かったけどそれほど?

 

 

そう思い映画好きの友人に聞いてみた、「あの映画は何がそんなに評価が高かったの?」

 

するとその友人が言うには、冒頭40分だかのワンカメの凄さと、そのあとのメイキングの面白さだと思うよとの事。

 

正直ワンカメ撮影を得意とするグループが推しにいるので、そうなのか、ならいまこそA.B.C-Zの初期の映像作品を不特定多数の人に見てもらう時なのじゃないだろうか!って息巻いているので、ひとつひとつ丁寧にZa ABC~5stars~から、メイキング込みで解説する番組をどこかやってくれないだろうか。

 

正直今回のMV特集に期待してきたのだけど

シングルCD以降の作品しかなく、一般の方に見ていただきたいと思っていた、Twinkleやnever my love  Legend storyは入っていませんでした。

凄いことやっているのよA.B.C-Z

とりあえずride on time(終わるんですね、知らなかった)あたりでA.B.C-Zワンカメ特集やろうよ!

世間はワンカメに食いつくらしいよ!

 

運営!A.B.C-Z売っていこうよ!(心の叫び)

 

 

サポーターズを好きな理由

NHKラジオ 今夜はJ’s倶楽部で、DVDデビュー7周年企画として行われた、思い出に残ったA.B.C-Zの曲アンケート、3位にサポーターズが入っていました。私自身はnever my loveに投票したのですが、もちろんサポーターズも大好きです。

サポーターズがなんで好きかって考えると、応援屋が大好きだったからと言うのもあると思います。

応援屋の何が好き?

素敵な楽曲 ジャニーズミュージカルとは違うミュージカルな事 あと大事なのは、自担が仲間だからだと思います。

いやちょっと待って、何時だって仲間だよと思われると思いますが、えび座で1番たくさん上演されているジャニーズ伝説は、自担だけジャニーズ役ではなく、ジャニー喜多川氏の人生を生きています。

もちろんそれが絶対嫌なんではなく、単純に寂しくなるのです、なんで彼が外れなくてはいけなかったのか(いや誰でも嫌なんですけど)

最終的には4人組にやらせたら良かったじゃんとまで思ってしまう自分が嫌になったりもします。

ジャニーズ伝説はnever my loveありきの舞台なので、あの物語を違うグループがやっていたら、あの曲のリリースはなかった訳ですが…

 

never my loveには思うところ沢山あるので、また何かの機会があればかけたらなと思います。

 

公式によると、株式会社応援屋は、ふみとつが横浜に舞台を見に行った事から始まるようです。

横浜で錦織さん演出 音楽西寺郷太氏のミュージカルJAM Townを見た2人は、その足で興奮冷めやらずこんなミュージカルがやりたいと2人に申し出たそう。

とんとん拍子に話は進んでいき、制作されたのが株式会社応援屋でした。

f:id:mikanch:20190206132207j:image

舞台が発表されると、戸塚くんが運命の1曲に出会ったと教えてくれました。

舞台の曲はみんな魅力的で、脚本も宛書きしてくれたのだろう内容。

入所して初めて友達になったと言うふみとつが、腐れ縁インザレインなんて曲を踊ったり、ふみとつが入所する前から、Jrの中で頭角を現していた五関くんは将棋の有名棋士、実力はあるのに日の目を見なかった元棋士(見習い?)の引きこもりDJ役に塚ちゃん、孤高の天才(かなり寂しがり)役の橋ちゃん、良くA.B.C-Zを見てくれていることに驚きます。

 

アナログな将棋(A.B.C-Z)というものを通して、デジタルな新世代(ここではJr)が押し寄せます。

アナログが1度は負けますが、デジタルに最終的には勝つのです。

世の中の人を サポートしたい応援したいというA.B.C-Z

 

今1番応援したいのはA.B.C-Zだと言う台詞で終わる応援屋、この台詞は2人の素敵なお兄さん達のメッセージだと思うと、なんて素敵な人たちに囲まれているのかと、A.B.C-Z応援できて本当に幸せだなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

どの曲も素敵ですが、もしかしたら2幕始まりに歌われる、ONE MORE KISSが戸塚くんの心を打った曲なのかな?という評判がほとんどだったと思います。西寺さんが元々少年隊のために書いたと言う曲を、時を超えて加筆されA.B.C-Zが歌う。それだけでもジャニーズ伝説感満載の曲ですが、舞台が終わってから戸塚くんが話したところによると、運命の曲はサポーターズだったようです。

 

サポーターズはテーマ性がものすごくて、応援屋のテーマソングなのはもちろんですが、A.B.C-Zのテーマソングだと思ったのかなと私は思っています。

ここからもだいぶ私の想像で書いているのですけど、戸塚くんは5周年を迎えるにあたって、A.B.C-Zの方向性を模索していたのではないでしょうか、グループとしての活動は順調ですが、他のグループとはちょっと違う活動をするA.B.C-Zは、ジャニーズらしくない、ちょっと色物的なグループに世間的には取られているようで(断じてそんな事はないのだけど)そんな声ももちろん彼らにも届いているのだと思うのです(悔しい事ですが)

 

サポーターズは直ぐに音源化された訳じゃなくて、5周年を祝うコンサートを経て、A.B.C-Z LOVERSの沢山の声が届いて音源化されました。

サポーターズは僕たちの曲だけでなく、ファンの人の曲とまで言い切ってくれた通り、コンサートの終盤で合唱された時は、胸が熱くなる瞬間でした。

 

あの舞台を見た人なら誰もが、A.B.CからのZって叫びたかった。

そんな夢を叶えてくれたのが、5周年のコンサートでした。

 

 

君をサポートしたい

どんなに辛い夜も

涙が枯れ果てたとしても

ひとりじゃない

忘れないでね、

僕も君に救われたんだよ、

だから遠慮なんていらないのさ

You &Me

 


君をサポートしたい
どんなに辛い夜も
涙が枯れ果てたとしても
ひとりじゃない
忘れないでね
あの日 約束した未来まで
今はまだ遠いけど
いつか届く

 

 

大好きなA.B.C-Zがギューって詰まってる

優しくて力強い素敵な若者たちが

夢を 次の夢を掴み取るのを、A.B.C-Z LOVERS A.B.C-Z サポーターズとして、ずーっと見守ってくれていいんだよって言う公式からの優しさ。

 

なんだろこの優しい世界

 

 

世の中悪いことばかりじゃないね

 

 

さてさて

昨日のランキングを受けて

西寺さんがつぶやかれていました

 

ONE MORE KISS そしてBLACK SUGARが世の中を席巻しますように。

A.B.C-ZA.B.C-Z LOVERSの思いが届きますように。

 

A.B.C-ZLoveバトル延長戦に行ってきました。

 

 

アリーナでのA.B.C-Zがとても見たかったので、本当に嬉しかったし、とても素晴らしかった。

 

 

A.B.C-Zを見ているととても思うのが、底知れない優しさ。

馬鹿にされたり笑われたり悔しかったり、そんな思いを人一倍してきてるから、人に優しく出来るんだろうなって思うし、とても尊敬してます。

 

始まりは別々でも、縁があって出逢った5人が、今こうして私たちの前にキラキラの衣装を着て光を放つ。

 

喜びを常に共有しようと、オープンにしてくれる暖かさ。

 

A.B.C-Zを好きでよかった(何億回目)

 

 

 

A.B.C-Zのファンなら周知ですけど、戸塚くんの創作で光と言うと、小説の光もあります。

 

35歳で夢を1つ諦める話。

 

でもまだ無数の夢があるのだと言うことがわかる。

こういう優しさはものすごくカッコイイ。

 

Love担の人が、Love-tuneがバックに着いたVからの光は、とても素敵だったし優しかった、ありがとう戸塚祥太くんと言っていた。

 

色々な人のVがあり光がある。

 

そこがアイドルなんだと思う。

 

 

沢山の自分勝手なイメージに寄り添うアイドル、

戸塚祥太アイドルだよ、半端ないアイドルだったよ。

 

A.B.C-Zはこれからも私たちの光になって、

私たちのエゴの塊をになって、

それでも大きく輝いていってくれるんだな。

 

ありがとうA.B.C-Z

 

本当に大好きです。

 

 

アイドルにただ感謝を言いたいだけ

 

 

A.B.C-Z戸塚祥太くんのファンな訳ですけど、定期的に思っていることあります。

 

アイドルでいてくれてありがとう

 

 

なんでしょうね、本人発言を読んだりしてるだけだけど、辞めようと思ったことももちろんあるみたいだし。何時までもデビュー出来なかったりとか、デビューしてからが本当に大変だったように見えるし(本当に勝手に思ってるだけだけど)

 

ファンだから、60分の番組で10秒しか映らなくても見るし、他人の評価や仕事に嫉妬したり悲しんだりするけど、本当に勝手な事なんですよねそれ。

 

勝手にやってるの

 

 

CD買ったり舞台を見たり、普通に感じたら誰かに話したら引かれるレベルでそんな事してるけど、それも勝手にしてる事。

 

私がこんなに頑張っているんだから、あんたも頑張れよは間違い。

 

勝手にしてるって事をずーっと忘れたくないと思う。

 

 

彼らがそんな勝手な沢山の思いをぶつけられる仕事をしてくれていること、その事を感謝しているし、これからも勝手にTwitterで勝手な事つぶやくと思うけど、それは私が勝手にやっている事を忘れずにいたいと思います。

 

アイドルとファンは、応援するって言うプラスの思い以外は、いってこいする必要はないと思うのです。

 

彼らの芸をひたすら愛したい。

 

他に何も要らない。

 

 

自分に自戒を込めてそう思います。

 

 

 

 

アイドルもファンも幸せであれ、

健康な心がないと、幸せになれないと思うし、みんなが相乗効果で幸せになれますようにと、願います。

 

 

聡ちゃんいわしくん、綺麗な空気の下で沢山深呼吸してね。

大きく深く深呼吸してね。

 

待ってるよ。

何時だってshow time

少年倶楽部プレミアム

本当に素敵な1時間でした。

NEWSとA.B.C-Z

年齢も過ごした時期も同じ、もっともっともっとテレビやラジオで絡んで欲しかった、だから本当に嬉しかったです。

 

NEWS担の皆さんA.B.C-Zいかがでしたか?

 

正直塚ちゃんと河合くんしか知らない

それでも構わないので、彼らがテレビに出たら注目して見て下さいね。

まっすーが最後に言ってくれたとおり、デビューまでの道のりは長く、ずーっと先輩達の後ろで頑張ってきました。

NEWSのみんなは、バックだなんて思ってなかったって、そう言ってくれたのも嬉しかったな。

 

少年倶楽部プレミアムで披露した曲は、JOYしたいきもちとshow time

 

JOYの方は今年の夏の東京ジョイポリスのテーマソングでした。

show timeは10月にやっていた、舞台ジャニーズ伝説のオープニングを飾るナンバーです。

f:id:mikanch:20181117161924j:image

もし録画された方がいらしたら、騙されたと思って一人一人に注目して見てみて頂けると嬉しいです。

誰よりも楽しそうに踊っているのが河合郁人君です。

彼は約3時間(休憩含め)の舞台の最後の曲まで、ずーっと体全体で幸せを表現してくれます、

見ているととても幸せな気持ちになります。

 

オープニングセンターにいたのが戸塚祥太くんです。彼はこの舞台でジャニーさんの役をやるため、狂言回しの役を与えられています。普段はセンターでは無いですが、ここではそのためセンターにいます。

パフォーマーとしてのメンバーや先輩をリスペクトしていて、何時でもその姿勢を崩すことはありません。時々ここ?っていう所で魂が炸裂するのも戸塚くん、ダ・ヴィンチで連載も持ってます。

 

ダンスが一際上手なのが五関晃一くんです。全く踊った事がなかったけど、最初から上手だったという、天性のダンサーです。

彼も最初から最後までしなやかな踊りが途切れることはありません。

 

一際大きい可愛い男の子が、センターの橋本良亮くん。歌がとにかく上手です。犬です大きなわんこです。天性の人たらしで、あらゆる垣根をとっぱらいます。

加入当初は、お兄ちゃんたちとのスキルの差も目立ちましたが、今は何それ?ってくらいに、時には超えてくるようなパフォーマンスを見せてくれます。

 

金髪筋肉!お馴染みの塚ちゃんです。

塚ちゃんは実はお芝居もダンスもピカイチです。面白い筋肉キャラの塚ちゃんしか知らない人は、塚ちゃんの最後の最後までしなやかなパフォーマンスに度肝を抜かされると思います。

 

A.B.C-Zはあまりたくさんのテレビには出ていないかもしれませんが、ジャニーズとしてのキラキラとした活動もないと思われていると思いますが、実はものすごくジャニーズです、何故そう言いきれるかと言うと、ジャニーズ事務所はミュージカルをやるために作られた事務所だからです。

 

その初代ジャニーズとジャニーさんの、濃密な数年を描いたのが、舞台ジャニーズ伝説です。

こちらは昨年度円盤化されているので、興味を持たれた方は見ていただけると嬉しいです。

 

実は4回上演されているこの作品ですが、ジャニーさんが登場するのは2017からなので、昨年度のものを見ていただけると、今年の雰囲気も伝わるかと思います。

 

残念ながら今年は円盤化なりそうもないようなので、今回show timeをプレミアムで見れたことは、えび担みんな感謝しています。

出来ればオープニング完全版をお見せしたかった(私が見たかった)

でも雰囲気は少しは伝わると思うので、なんだか気になるなって方がいらしたら、ジャニーズの歴史を見てみてください。

 

 

 

32歳という色気

お誕生日おめでとう

 

 

毎年毎年

代わり映えのないブログを書いています。今11月13日の朝6時、通勤電車の中です。

 

 

いやぁー私がファンになってからも10年が過ぎた訳だけど、本当に可愛いけど時折見せる鋭さが大好きになって、今もだから。

 

 

その一瞬の鋭さが、たまらないんですよね。

 

 

私は基本として、服脱がしてドヤ!っていうエロスは好きじゃないのですが。

彼の体格や筋肉の付き方も大好きです。

単純にかっこいいなと思います。

an・anのグラビアをもし飾ることがあったら、はーっとため息つきつつ、何部も購入すると思います。

でもあの特集は嫌いだけど。

 

年齢のこと考えると、本当はもっと焦ったり(なんでファンが)した方がいいのかもしれないけど、彼自身はとっても素敵に歳を重ねていますよね。

外野から見ると大丈夫なの?なんて意見も沢山あるけど、彼らはジャニーズ事務所の中で、また新たなジャンルを作り出したグループだなと思うんです。

 

事務所が窮地の時に、彗星の如く現れたたのきんトリオ、実力より人気が先行しているイメージで、それからのジャニーズはずーっと世間的にそんなイメージになってしまってるけど。(マッチって本当にいろいな意味で偉大だったのだと、大スターだったのだと思います。)またね、こんなジャニーズがいたっていいんじゃないのかと思わせます。

 

何よりね、彼らのパフォーマンスに嘘はないし、本当に最高すぎるから、なんの文句の付けようもないんだよね(細かいことは言ってもしょうがないし)

 

5人が5人とも高いスキルを存分に生かして、美しいパフォーマンスをしてくれる、手抜きなど一切なく魅せてくれる、ファンとしてこれ以上の幸せはないと思うので、本当にありがたいし、大好きです。

 

これからもずーっと応援したいなと思います。

仕事なので一旦きりやめ。

 

戸塚祥太くんお誕生日おめでとう。

 

今年のジャニーズ伝説は、思い出すたび幸せな気持ちになる伝説でした。

えび座

沢山の人が感想を書かれてるし、なんなら2回しか見ていないので、本当に感想書くのも間違ってる事言うと思うんですけど、ちょっとだけ書きますね(どっち)

 

オープニングがとにかく好きだと、折りにふれて呟いているのですけど、A.B.C-Zを連呼する曲も可愛いし耳に残るけど、私はとにかくプラカードのところが好きでした。

沢山のグループ名を押して出てくるトラメド、華麗に運んでいるけど、袖まで行くと凄い勢いで下手から上手へと移動しているのか、また涼しげに押しながら登場(笑)

優雅でしたね、そして上品!

ジャニーズの子達の好きなところは、ここだなって私は思います。

そして最後のA.B.C-Zの文字。

A.B.C-Z全員の名前を作り出すプラカードを持ってコミカルな動きをするトラメド。

そしてMADEにTravis Japanの文字を持つA.B.C-Z

どのグループが欠けてもえび座は成り立たなかったと思います。

ポップで新しい感じがしたけど、MGMのミュージカル映画を見ているかのような、そんなオープニング。

f:id:mikanch:20181031062654j:imageワクワクしないはずがない

 

この演出考えたの誰なんだろ

最高に好きです。

 

物語はジャニーさん目線でも進行するのも新しかった。

ジャニーさんの思い出の1部

ジャニーさんの現在進行形な2部

そしてそのエンターテインメントを今から見せるよ!っていう、小粋なオープニング!

 

そりゃこれ見たら、僕はA.B.C-Zのファンですからって言ってくれるよ。

 

2部のソロコーナーは、塚ちゃんのブログを読むと、完全セルフプロデュースなのかな?

みんなが見たい自担が見れた、最高のソロでしたね、あーもう一度見たかったな(><)