life is beautiful !

ジャニーズが好き、A.B.C-Zが好き 戸塚祥太が大好き

恋するヴァンパイアと戸塚くんの舞台

f:id:mikanch:20180408101732j:image

戸塚くんと言えば、毎年春の個人舞台。

これは戸塚担みんなが待ち望んでいて、ある意味お祭りみたいになっています。

 

始まりは熱海殺人事件でした。

主演錦織一清

戸塚くんは偉大なる先輩の胸を借りての登場です。

 

タバコを吸う小洒落た掠れた男感が素晴らしくて、まだ幼い感じさえする彼が時折見せる男と、中学生のような思考をもつ役柄とのギャップに悶えました。

 

出発は不思議な話でした。

 

とにかく戸塚くんの魂の解放がテーマのような、そんな舞台でした。(あくまで私の主観です)

家族を守ろうと孤軍奮闘する姿、どこかズレてるそのすがたに涙し、別れというものは、残されたものの立ち直りの方が重要なんだと、彼がジャニーズを辞めないで続けてきた決心の方が辛いんだけど、それは間違ってないと、ニッキに背中を押してもらえてるような作品でした。

 

広島に原爆を落とす日は、テーマも重い作品ですが、覚悟を問われた作品でした。

イケメンでインテリで鼻持ちならない役でしたが、何故か愛嬌があり、虚勢を張ったそのすがたが惨めで可愛そうでした。

ただただ愚かな人でした。

でもその愚かさは、彼の孤独とプライドとリンクするものであり、非難を浴びせる気分にはなれないものがありました。

戦争とは愚かなもの、それを一身に表現する戸塚祥太が最高にかっこ良かったです。

 

始終彼は軍服を着て現れますが、最後はジャンプスーツに着替えます。戦闘機に乗る為です。

自分の愛する人をこれから自分があとかたもなくなくそうとしている場所へと送ります。

そんな愚かな行為なのに、ものすごくこのシーンが美しい言葉で綴られています。

そしてこのたった一人しか出演しないこのシーンが、とても胸を打つ素晴らしい舞台でした。

 

寝盗られ宗介は、哀れな人でした。

いいとこの出身なのに、わざとガサツに振る舞う彼、自分が見下す人達がいないと生きていけない彼、本当は何が大切か知っているのに、正直になれない彼、そんな男の一方的な哀れみを、女が一蹴する話でした。

劇中劇はセクシーで男っぽく、とても惚れ惚れする作品でした。

どんな男が馬鹿でも、惚れてしまったら女はついていく、時には恥ずかしい面を見せてもいいんだよってメッセージを勝手にニッキから感じてました。

 

 

 

Defiled

こんな表情をする戸塚くんを見たのは、10年ぶりかもしれないと思うほど、刺すような瞳でした。

色々な自分の置かれている環境に抗いながら生きてきた彼、でも本当は自分もものすごく閉鎖的な人です。

初演の俳優さんは、戸塚くんとは似ても似つかないビジュアルの方で、なぜこの話に戸塚くんがキャスティングされたのかはよく分かりませんが、とにかくこんな表情もするの?こんな演技もできるの?って事が沢山あって、絶望感しかないラストに、少しの希望を見出した瞬間まで見せてくれる細かな機微を演じわけられるところが、本当に素晴らしかったです。

いまだにハリーが生きている世界を想像して、大きな公園で、コリーを連れて読書をしている彼に出会いたいと思ってしまいます。

 

 

そして恋するヴァンパイア

 

いろいろな意見ありましたが、とても楽しかった。

始まる前に声の話を聞いていたから、ただただ心配だったけど、心から素晴らしかった。

 

もちろん他の演者さんに比べると、歌声が足りてないところはありましたけど、確実に進化していましたし、そこ以外は何の問題もなかったと思います。

正直オリジナルのミュージカル作品は、ちょっと残念な事が多いですけど、そんな事ちっともありませんでした。(ファンだからって大前提はあるとは思います)

映画も私は大好きだったので、彼が大切にしている事はもちろんわかってるし、やるからには自分のキャリアを無駄にしない覚悟も感じられました。

単純明快な作品は、今までの難解な作品とは違い、そこが苦手な方も多数いらしたようですが、今回の事で、以前から熱望していたヴォイトレを初めてくれた事がほんと嬉しくて、これからも出来たら続けて欲しいなと思っています。

戸塚くんが美しい歌声を手に入れたら、最強以外の何物でもないと思うのです。

 

あとね、やっぱり可愛い女の子と演技をしている所が見れるのは嬉しいです。

単純に嬉しいです。

もっとこういうただただ可愛い役をやって欲しいです。

可愛さと男らしさのギャップが、戸塚くんの良さでもあるので。

 

戸塚くんの演技仕事は本当に好きです。

毎年いろいろな姿を見せてもらって、本当に幸せだなと思います。

これからも彼が演技をする時は、1度でいいから見れますように。

そう願わずにいられません。

 

恋するヴァンパイア

まさかまた出会うとは本当に思ってなかったけど、なかなかのプロジェクトらしいから、そこにいつも抜擢してくれる宮沢さんありがとうございます。

戸塚祥太に惚れ込んでくれてありがとうございます。

願わくはスマッシュヒットを狙えるような、私をスキーに連れてってのような作品を彼にお願いします。

m(_ _)m

 

 

 

炸裂する意志の躍動を目の当たりにした今

はじめに

 

勝利ありがとう!

勝利担のみなさんありがとう。

 

Dolphinを電波に載せることが出来たことが、本当に嬉しいです。

 

この曲が発表されたのは5周年のアルバム

5performer-zでした。

聴いた途端に、戸塚担みんなが絶対大好きになった曲です。

歌詞もパフォーマンスも、5周年という舞台に最高にマッチしていました。

普段から言葉を丁寧に紡ぐ人だなとは思っていましたが、こんなに優しく美しく、宝物を1つ増やして貰えた気持ちでした。

 

この曲は愛の曲です。

彼の生きて来た軌跡

沢山の大切な人に出逢えた奇跡

迷いもがく後輩への輝石

そしてファンにまで暖かく包込んでくれる包容力。

 

そしてこの曲には双子の兄弟がいます。

f:id:mikanch:20180407173434p:image

スペシャルラジオCDの戸塚くんのコーナー名と同じ、炸裂する意志の躍動。

もしこの曲を気に入った方がいらしたら、是非これも聴いて見てください。

この架空のラジオの中で弾き語りをしています。

 

 

いや本当はもっと書こうとしたことあったのに、なんにも覚えてないの。朝はあれもこれもって思ってたのに。

 

 

昨年のコンサートも、円盤になっているので、そちらも見てください。

衣装はチビJrの頃ジャニーさんに買ってもらった、青のTシャツです。

ずーっとずーっと、事あるごとに登場する伝説のTシャツです。

本当に大切にしてるんだと思う。

f:id:mikanch:20180407184918j:image

なんせメンバーの五関くんから貰ったお金を、ジップロックに入れて保存しているような子なんです。引かないでください、みんな愛おしくってしょうがないエピソードです。

 

さて、

ジョーダンバットが鳴っているという彼のエッセイが発売されました。

とても美しい本です。

儚げで綺麗な戸塚くんのお写真も満載ながら、ジャニーズに入ったきっかけ、辞めようとした時のこと、大失敗した事の懺悔など、内容はかなり興味深いものばかり。

その本を合わせて読んでいただけると、よりいっそうこの曲も好きになって貰えると思います。

暑苦しいですね、わかってます。

でも言わせてください

 

戸塚祥太最高なんです。

 

本当に最高なんです。

 

興味を持たれた方、是非是非色々チェックしてみてくださいね。

 

 

 

さようならdendadensuke

f:id:mikanch:20180301061521j:image

おいしか~~~

 

テレビ画面の向こうで、アップで彼が抜かれたその後、私の小さな箱の中のしおりを開いてみたら、彼は忽然と消えていた。

 

さようなら、ミステリアスな48年間の人生をありがとう。

 

なくなって気づい

いやなくなる前から気づいていた

 

伝さんが大好きだった。

 

 

 

 

伝さんがいなくなることは、この連載の終了が決まった時にはわかっていたことなんだけど、どこかで彼の個人ブログで登場するんじゃないかとか、そんな事を思っていたりしたから、伝さんがいなくなった喪失感ってものすごい。

 

戸塚くんはずーっと、自分の心の中にあるモヤモヤや熱を、LOVEって言葉に変えて頑張ってきたのだと思っているけど、こうはっきり自分の言葉で表現出来るようになったのって、本当に苦労したんだろうし、頑張ったんだろうなって、もうなんだか分からないけど涙が止まらない。

戸塚くんを語る上では、ダ・ヴィンチ前とダ・ヴィンチ後って言うのは、かなりの違いがあるけど、もうものすごく努力してあの連載を続けてくれたんだろうって事だけはわかる。

 

彼のブログの、書きたいことが山ほどあるんだけど、どれを書いたらいいのか、いっぱいみんなに伝えたいからって、沢山紡いでくれた言葉達が、独り歩きしている所もあったけど、ダ・ヴィンチの連載を経験するってこういう事だったんだと、この連載の付箋が回収されるにつれ、驚いた。

もうこれは、彼の初めてのエッセイ集、ジョーダンバットが鳴っているに収録されるという、小説が楽しみでしょうがない。

編集の方から、小説の執筆を進められた事があると、以前どこかで言っていたけど、それほどまでに?って思っていた私を殴って欲しい、本当にすいません。

 

戸塚くんは、心の中にある熱いものを、文書を書くって言う力を手にしてから、確実に力に変えれるようになったんだな。

かっこいいな

(号泣)

 

 

いやほんと、こんなにみんなが望んだから、戸塚担頑張ったから、彼に書く仕事が戻って来たなんておもったら、おこがましすぎるわ。

 

これ完全にみんな書かせたいやつだもの。

 

本当に戸塚くんに寄り添ってくれてる、ありとあらゆるもの、森羅万象にありがとうを言いたい。

 

 

 

 

そういえば、

恋するヴァンパイアの練習風景のお写真を見ていて、戸塚くんがお兄さんでかっこよくて、年齢的には当たり前なんだろうけど、頼りがいある兄貴感がものすごくて、そういう所をメディアに出してくれる事はあまりなかったから、ものすごく感動してしまった。

(私が見ていなかっただけかもだけど)

 

 

 

 

 戸塚くんの覚悟を知れば知るほど辛くて泣けてくる。

アイドルになるのにそんな重荷を背負わせてしまってるなんて、私たちはどうしたらいい……

 

でも彼は自分は寄り添うけど、自分は君たちの好きな形で寄り添うけど、君たちの事はわからないってはっきり言うのよね。

 

本当にしんどい

 

 

 

 

なんで伝打伝助は死ななきゃ行けなかったんだろう、彼と永久的なお別れをする事に決めた、その気持ちの変化はなんなんだろう……

単なる便宜上の事でなら、彼が旅立ったままにしても良かっただろうに、戸塚くんの好きな映画や小説を追い求めて見たりしてないし、音楽もたまたま知っているものしか分からないから、本当に何にもわからないんだよな。

 

でもそれでぜんぜんいいんだけどね。

ぜんぜん全部は知らなくていいんだけどね。

でも知ったフリしちゃうんだよね、好きってめんどくさいけど胸が熱いよね。

 

 

 

 

 

主人公に恋をする?

書かないなこいつって思ってた?

(いえ誰も気にしてません)

 

グレイテストショーマン見ました。

 

もちろん見ましたよ。

 

 

 

歌もパフォーマンスも煌びやかな世界観も本当に素敵だった。

 

とにかく綺麗な映画でした。

 

子供が可愛くて可愛くて

 

あっ!ここまで見て分かったと思うんですけど、どうも主人公に感情移入できなかった。(ヒュージャックマンは好きだけど)

ドラマ部分が好きではなかったです。

ララランドと比べてどうのこうのって批評があるから、私も比べてみるんですけど、

ララランドもストーリー的には安っぽい感じだったんですけど、全てライアン・ゴズリングの夢の話だと思うと、スッカスカの話もわかりやすく感じられたし、ヒロインのミュージカル部分のあれやこれやも、何となく夢なら分かるわって私には思えたんです。(個人の感想です)

 

でもね、グレイテストショーマンは、主人公にあまり魅力を感じられなくて。

完全に好きなタイプの人じゃないって事なんですけど。

ミュージカル部分に力が入ってるからこその、ドラマ部分の説明不足を感じてしまったのです。

あと、競演のザック・エフロンの髪型が好みじゃないってのが大きいんだと思うんですけど。

(時代考証を無視した考え方) 

これが舞台だったら、全く気にならなかったと思うんだけど、映画だから気になっちゃったんですよね。

でもそんな最低などうでもいい私の好みを排除したら、凄く面白かったです。

 

サーカス

最初は見世物小屋の蛇女とか思い出したんですけど、ああいうのが元なんですね、なんか歌舞伎が今は芸術に上り詰めたみたいな話だなと思いました。

 

 

 

あと一番引っかかったところなんですが、オペラ歌手の人の歌う曲はなんでオペラ要素がないの?

オペラ歌手と紹介されていたので不思議に思いました。

 

うーん凡人の私は、1回見たくらいじゃわからないのかも。

もう何回か見てちゃんとストーリー理解しないとですね。

その頃は絶対ザック・エフロン好きになってます。(ハイスクールミュージカルは大好きだったので)

 

 

圧倒されるとはこういう事なんだなっていう圧 熱 厚

歌上手くなりたい…

子供の頃の好きは結局続く

こんな記事を読んだ

 

 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54251

 

 

 

‪開封されないCDが可哀想‬
‪音楽は宗教‬
‪いちいち納得‬

‪音楽の楽しみ方はたくさんある。私は小さな頃から、音楽は映像と共に思い出すものだった。‬

‪JAZZ好きの父は、ディキシーランド・ジャズを繰り返し聴いていた。‬
‪子供心にもその音楽は軽快で楽しく感じた。‬

そしてアルバムの大きな写真を見て思ったのだ

 

黒人音楽だからとか、見たことがない風貌の人がとか、そんな事ではなく、むしろ小さすぎてそのような感情もなかったのに思ったこと。

 

こんなに陽気な音楽なのにお葬式みたい

 

たぶん昔故の暗い色調などもあったのだろうけど、後々でJAZZってものの本質を知った時、音楽って言うものの本質を知った時、あながち幼い私が抱いた感情は間違ってないのだなとわかりました。

 

 

 

父に誰が好きなの?って聞くと、好きなのはサッチモだとしか教えてくれない。

サッチモって誰?

サッチモサッチモ

 

 

中学生になって、その人がルイ・アームストロングだと知った。

 

でも、その頃は父とはあんまり話をしなかった。

 

ふと放送されていた雨に唄えばを見てから、私はミュージカルに憧れを抱いていた。

なんて煌びやかで華やかで素晴らしい世界なんだろう!

ミュージカルを自分でもやってみたい、お小遣いも少ないし、そんな望みはないけれど、本物の舞台が見てみたい。

そんな欲望を満たしてくれるのは、昼間の古い映画を流すテレビの時間だった。

 (私が初めて生でミュージカルを見るのは、Mama i want to sing の初来日公演でした。)

 

家から少し離れたところに、おじさんや学生さんしかいない、リバイバル館があった。何時も少し古くなった映画を三本立てで流していて、行ってみたいなと憧れていた(なぜなら安かったから)

そこに行くために父に話しかけた。

父は暇があるとぶらっと出かけていたのだ。

 

映画行くなら一緒に連れてって。

 

久しぶりに話しをし、連れて行って貰った。

汚く寒くトイレも女子用はひとつしかなかったけど、夢のような場所だった。

そして父に、私は今ビリーホリデーやドリスデイが好きでよく聴いている事などを話した。

大声で狭い家の中で歌うスタンダードを、父が聞いていないわけもなく、厳密に言うと(この単語を父はよく好んだ)お父さんが好きなやつじゃないけど、お前が好きになるとは思わなかったなと、嬉しそうに話していた。

 

映画を見ていて、自分もパフォーマンス出来たら楽しいだろうなって思っただけで、JAZZがいいとかでなく、私の音楽の根底は映画音楽だと思ってはいるけど、無意識のうちに父の音楽の好みは、私の中に根付いているのだろうな。

 

(ちなみに母は美空ひばりのファンで、そちらの番組もよく見ていたけど、特に何とも思わなかった。)

 

 

 

昔も今も、可愛らしい小柄で華奢な女の子と、スマートでちょっと詐欺師的な風貌の男性が大好きです。

 

 

f:id:mikanch:20180222093406j:image

 

 

 

 レスリー・キャロンはずーっと憧れの女優さん、バレーを習いたかった(><)

 

 

高校生になって、自分には踊りのセンスがない事を知って、ミュージカル俳優になる夢を閉ざしたけど、今でも見るのは大好き

 

そして今はジャニーズのA.B.C-Zにはまっている。

 

A.B.C-Zには夢が詰まっている。

忘れていた私の若い頃の感情を揺すぶってくる。

 

彼らの音楽は五感で感じることが出来る。

 

パフォーマンスが視覚に訴えかけてくる。

その上音楽性も素晴らしい。

 

最近発売されたシングルに、異彩を放つ曲が収録されています。

(もっと凄い曲も入ってるけど)f:id:mikanch:20180222095044p:image

1曲目は正統派の素敵なクリスマスソング

2曲目は忘年会をテーマにした宴会ソング

3曲目は2016年に上演された舞台、応援屋の中の曲サポーターズ

 f:id:mikanch:20180222095651j:image

 

 

 この曲作詞作曲かノーナ・リーヴス西寺郷太氏が作っていて、この舞台じたいも西寺さんの脚本と音楽なんですけど、これがとびきり素敵なんです。

音楽だけで聞くと、まあいい曲だよなって感じなんですけど、このね円盤を見てもらえば、あと最近出たコンサートの円盤見てもらうと分かるんですけど、魂の曲なんです。

 f:id:mikanch:20180222100442j:image

まさに五感で体感する曲であって、これがA.B.C-Zの真骨頂だと思います。

 

話いつも通り大幅にそれだけど(文才なくてごめんなさい)

 

音楽はお洒落だなとか、ファッションとかで聴くんじゃなくて、

魂で聴くんだなって事は、父に教わったんだなって思います。

 

アイドルを応援しているから、どうしても売上とか考えちゃうけど。

世の中数字だったりもするので、矛盾しているけどそれも大事な事。

そもそも売れなかったら存在しなくなるからね。

 

 

 

やっぱり世の中世知辛い

 

 

だけどそれを跳ね返すくらいの力があるのも音楽だよね。

音楽は宗教であり魂そしてエンターテインメント

 

 

※知ってると思いますけど、推しは戸塚祥太っていう詐欺師のような男の子です。ぜひ画像検索かけてください、面白いから。

 

 

下町ボブスレーなA.B.C-Z

この話があってるのか全くわからないんですけど、下町の工場がボブスレー作る話、なんかこう、A.B.C-Zのことを思い出したんです。

 

こんなところでこんなに技術や叡智があって、でも結局採用されない感じ、

ああまんまA.B.C-Zじゃないかって。

 

 

A.B.C-Zの事好きで応援していると、悔しい思いをしたり辛い思いをすることあるのに、よくみんな付いてきてくれてありがとうって、確かココ最近でメンバーから何回か発信されてると思うんですけど、

いや違うよ、A.B.C-Zを好きになって、辛かったり悔しかったりすることはそんなにないし、楽しいことばかりだよって私と、

なんでそんな事言うの?言わないで欲しいよっていう私がいるんです。

 

 

私がA.B.C-Zのことを好きになり始めた時は、もっとみんなギラギラしていて、もっと貪欲だったなと思うんです。

いつからかこんなにおっとりが、尊いなんて言うようになってしまったんだろう。

 

 

私は戸塚祥太くんが大好きで、もう唯一無二の担当さんだと思ってはいるんですけど、たまにね、何やってんだいって思うこともあるし、悔しいこともあるし、本当にいいのって思うこともある。

今のままでも充分かもしれないけど、だってワールドツアーやりたいし、東京ドームもやりたいんだよね?

それならもっとガムシャラにならなきゃやっぱりいけないと思うんです。

業界の事なんかわからないくせに何言ってんの?って思われてもしょうがないんだけど、今回のBlu-rayの売上を見ても、やっぱり違う気がして。

 

前作よりは売れてるらしいけど、でもだいたい私のTLの方たちは多種買いをしているのに、それでもあの数字何だって。

 

なんで売れないんだろう、新しいファンの人だってみるのに、なんでって思ってたけど、逆に担降りして行ってしまった人たちも多くて。

 

絶対的な人数は増えてないんですよね。

 

それってなんでだろうっておもうんだけど、やっぱり目に見える前進がないからなんじゃないかなって。

応援していると悔しい事ばかりあって、でも負けずに応援できるなんてメンタルの人なかなかいないと思うんですよね。

 

じゃあそういう人たちは取りこぼしていいのかって、ちょっと違うと思うんです。

だって大好きなA.B.C-Zが、これ以上馬鹿にされたくないじゃない、売れない!ファンクラブの人数が少ない!ファンにババアしかいない!とか、やっぱり辛いよ。

橋ちゃんは本当に地上波のドラマとか出てほしいなって思うけど、待ってたって仕事が来ないなら、お稽古に通ったり、オーディション受けまくったりしたっていいんじゃないかなって思って。(もちろんこんなババアの知らないところで努力はしてると思うけれど)待ってたって仕事は来なかったら、連れてくるしかないと思うのは間違っているのかな。

 

戸塚くんもいつまでもいつまでも、優しくってっていう代名詞を付けちゃいけないと思うんです。少し小狡い程あざといとか言われてほしい。もっとビジュアルを気にして、もっと王子にならなきゃ(橋ちゃんにやっと甘い言葉が言えるようになったねなんて、三十路を超えた人が言われてたらダメ)もう、31歳なんだから、時間は待ってくれない。

 

塚ちゃんはよく息切れをしないでくれてると思います。お茶の間に塚ちゃんってキャラクターを浸透させてくれたのは、本当に凄い事だと思う。SASUKE頑張って💪

 

ふみさんはかっこいいです。

もう絶対かっこ悪いとか言わないで欲しいし、自虐ネタもやめて欲しい。だってかっこいいから。最近のアップリケふみさん大好きです。

頑張ってどこかの有名番組のアシスタントをゲットしてください。楽しみにしてます。

 

五関くん、五関くんはぶれないでいて欲しい、そしてメンバーの一人一人にダメ出しをできる人になって欲しい。あなたの言うことしか聞かない人います。五関くんだけは自信を持ってスタンダードでいて欲しい。卑屈とか絶対にいらない。五関様なんだから。

もっとダンスの関係で業界に顔をだしたり積極的にやって、仕事を開拓して欲しい。今世間はダンスなのだから。

 

最初にボブスレーの話したけど、どんなに素晴らしいものを持っていたって、使ってもらわなきゃ意味がない訳で、見てもらわなきゃ始まらないから、だからその場を得る努力もしないといけないと思うのです。

 

ホールは近くていいのかもだけど、アリーナが当たり前になって欲しい。

アリーナで全国を回って欲しい。

 

苦肉の策でホールコンサートだったんだと思うけど、近くで見えるとか、そんな事じゃなくて、どこからどんなに遠いところから見ても楽しいコンサートを作ってるのだから、ホールか、昔やってたねって話せるグループになって欲しい。

もう下にふたグループも出来ちゃったんだからね。

本当にずーっと応援したいから、ずーっと見続けたいから、踏ん張り時頑張り時だと思った、最近でした。

 

 

もっともっと自分達の武器を

もっともっと周りを取り込んで

 

 

 

 

炸裂する5周年の宴

担タレとはよく言ったもので、戸塚担は面白いほど多様性がある。

みんな素晴らしくウイットに富んでいて、魅力的で、私は戸塚祥太担の担当でもある。

もっと言うとA.B.C-Zの担当の担当で、ジャニーズの担当の担当(なんのこっちゃ)

 

 

Twitterで呟かれている人柄そのままの人が本当に多い。

その人のファンを見ると、戸塚祥太って男の度量の広さや奥深さを感じる事が出来るから、私も末端のファンとして、いろいろ改めなければ、彼の顔に関わるのかもしれない(そんな重大な事かとも思うが(笑))

 

私なんかより年上の年代の人は、ジャニーズと言うと、チャラチャラした男の子達が、チャラチャラと踊って歌ってるだけだと思ってる人がまだまだ多くって、こんなに日本を動かす程の存在になっているのに、未だに無視をしている人も多くて、先人達の努力や追走する才能達の勢いに感服する。

 

どんだけの辛い思いを、芸を磨く事でねじ込んで来たんだろうと思うと、あああ涙が出る。

人の努力は尊い

 

嫌いだったり無視したりする人には、見て感じて頂くのが近道だと思うけど、これがどんなに馬鹿にされていても、チケットが取れない。

だから嫌いな人に見てもらわんでもいいのよってなる。

 

うーん難しい。

 

 

 

そんな時フェスに出た事や、テレビ中継された事がきっかけで、先輩達の評価が上がって言ってるのを見ると、とにかく思う。

 

円盤見てもらえないだろうかと

 

 

これもね、買わないといけないし安くないから、もうあれなんですけどね。

 

 

 

どこのグループもそうだと思うんですけど、じゃあどれ見たらいいってなった時、これどうぞって言えるのは、やっぱりアニバものの映像だと思うのです。

アニバーサリーは、大抵の場合集大成的な作品になるから、初めましての人に優しい作りになっているのがほとんど。

 

だけどA.B.C-Z、どの円盤もおすすめです。

 

ファンだから言ってる!?

それもそうだとは思うけど、なんせ視覚に訴えてくるものが多い。曲なんかそれほどみんな知らないと思うので、他は何かって言ったら、これもう次から次へと展開していく、華やかなパフォーマンスなんだと思うんです。

 

とにかく踊る 跳ねる

そして毎回エモい

限りなくエモい

2代ジャニーズエモ派閥に数えられる(勝手に)

(注:NEWS A.B.C-Z

 

心の全てを解放して、全力で叫んで一体化して、そんなパフォーマンスは、知らなかった心の扉を解放させてくれると思う。

 

ああ見てほしい感じて欲しい。

 

三十路ジャニーズのかっこよさが詰まってます。

 

f:id:mikanch:20180208110251j:image

 

ぜひ手に取り、もしくはファンから借りて見てください。(土下座)